キャビテーションのケミカルポンプと流体制御について

様々な流体を移送する役目を持つものとしてポンプがあります。専門分野においてはケミカルポンプとして捉えられていますが、一般的にはポンプの名称で用いられており、科学プラントを始めとして、半導体や医療機器メーカー、食品メーカー、身近な存在となる住宅設備などに広く利用されています。
ポンプは流体制御という機能を持つことで、適切な量を適切な時間で目的の場所に運ぶ働きを行いますが、ここで大きく関係のある現象としてキャビテーションがあります。キャビテーションとは、液体の流れの中で、圧力が飽和水蒸気圧より低くなった僅かな間に起こる物理現象のことを指し、ここでは、液体中の泡の発生と消滅が発生します。因みに、キャビテーションは、空洞化や、空洞現象としても表現されます。
ポンプの場合にはキャビテーションが生じてしまうと液体制御ができなくなります。ポンプは吸い込み側に開閉バルブを設けてしまうと機器内部でキャビテーションを起こすことになり、そのために、吐出側に開閉バルブを設け、流量の調節が行われます。
キャビテーションは、ポンプにおいては大敵な現象になりますが、ここでの原理を利用したエステでは逆の効果を得ることができます。痩身施術の1つであるキャビテーションエステでは、超音波を脂肪細胞に当てることでキャビテーション現象を起こし、細胞内で気泡がはじける力を利用して脂肪細胞の破壊を行います。施術は脂肪を溶かしながら行うために高い効果を得ることができ、3~4日間は脂肪が解けたままの状態となるために燃焼させることで効率的にダイエットをすることができるようになっています。

キャビテーションエステ徹底ガイド|効果はあるの?おすすめランキング決定版!はこちら